漢方専門店 


岡山最古の薬事表示

  

高血圧思考(松寿仙)



  液体が容器を循環するとき
  ポンプの力と 管の容量(壁の伸縮) で 圧力がきまります。

  からだに置き換えると 
  心臓のポンプの力 と 容器としての血管の容量(伸縮で容量が変わります) で 血圧が気まちます。

 



-----------------------------------------------------------------------------------------
  

 へーーえ おかしくない? 興奮すると血圧あがるけど。・・・・
  はい 興奮すると 心臓の打つ数が上がり・・・ 血管が収縮しまし・
  つまり ポンプの回転数は 上がり↑ 容器の容量は 小さくなるですね。



  さて ここでは ポンプより 容器の解説をします。

  血管という容器には 2つの縮み(血管収縮)スイッチがあります。
   


 1つを α(アルファ)受容体 もう一つを アンジオテンシン受容体といいます。

 αボタンは 興奮したとき(かつては 決闘や猛獣から逃げるときに) スイッチON 血圧をあげて対応します。
 
 もうひとつのスイッチ アンジオテンシンは 実は腎臓からの要請で ON(血管収縮)になるものです。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 
 腎性高血圧薬(アンジオテンシンボタン阻止薬)について思考します。
(αボタン阻止薬より 圧倒的に使用量が多く ACE阻害薬とARB阻害薬があります。)

    腎性高血圧(考える腎臓)

  腎臓には 糸球体という尿をつくる ごく細血管血管の 集合体ががります。
  ここの血流が少ないと 腎臓は 血圧を上げる(血管を収縮)させるホルモンを出します。
  (このホルモンをレニンといいます。血液中のアンジオテンシンに作用します)
  
  腎性高血圧は 腎臓は正常で 腎臓に入ってくる赤血球が少ないと腎臓さんが
  「もっと血をくれー」と 圧(血圧)を上げるホルモンを出すのです。。


 
 
 

 腎性高血圧の薬 リスト
 

ACE(阻害薬)といわれる薬の例

商品名
アデカット
インヒベース 2
エースコール
カプトリル
コバシル
タナトリル
レニベース

  ACEといわれる腎性高血圧薬

商品名 一般名
ニューロタン
ブロプレス
ディオバン
オルメテック
ミカルディス
アバプロ
イルベタン
 アジルバ  

 


  

 上記のような 腎性高血圧のお薬を ご使用の方にお薦め(滋養強壮)なのが 松寿仙です。

 血流量が 減り または 減っていると腎臓が考えたとき 血圧を上げるようになるホルモン「レニン」を出します。

  ACE ARBは 腎臓血流の改善も 腎臓から出るホルモンレニンの量を減らすこともしていません。
  
  ホルモンが出て作用する 血管のアンジオテンシンボタン(スイッチ)がONにならないようにしているだけです。
  
 <腎臓がレニンを出さないようにするには 血流を改善すること>


 
根本は まったく解決していません。


 
臓の糸球体の毛細血管に 赤血球が よく流れること―ーこれが解決策です。

   
赤血球より細い 毛細管の通り抜けには ペッちゃんこになる変形能力が大事です。
通り抜け効率がよければ 圧を上げるホルモンの必要は 減少します。
 
 ここで 次の血液の性質問題が 出てきます。
 結論は 赤血球の品質が良いと 圧をあげなても良くなるということです。



 血液ー
ー緑

 
上記の理由により 当薬局では 
腎性高血圧のお薬を 使われている方の(滋養強壮)に 松寿仙をお薦めいたします。

滋養強壮の意味
 本来持っている 生体機能のバランスを保ちいつも健康を維持しようとする力を 
賦活して
 健康を保持することを 滋養強壮といいます。

注意
松寿仙は腎性高血圧の薬ではありません。 腎性高血圧及び そのお薬をお使いの方にお薦めの 滋養強壮薬です。


  高血圧 糖尿病 腎臓病などは 漢方薬の組み合わせで 
改善することがよくあります。


総合的な観点からの漢方治療 店頭ご相談はご予約制です。

 086-222-8962
まず お電話ください。

時間

 
午前10:00〜12:00
午後12:00〜06:00 1:00

※日曜日と祝日は木曜日は お休みです。
  ご相談予約

岡山市の漢方専門薬局
津山漢方堂

  へ