津山漢方堂   
 
   

当薬局の癌に関しての ポリシー

  薬剤師として約30年 調剤から漢方相談まで 多くのがん患者さん接する機会がありました。

  お救いできた方 医師のおどろく回復となった方 反面 力及ばずに残念な結果に
  なった方がいらっしゃるのも事実です。

  漢方堂3代目として この病気にどのようにお役に立てるを考えております。
 
  長年積み重ねてまいりました 漢方を中心とするがん代替医療の研究 実績 
  で お役にたてれば幸いです。 
 
  多くの患者様は これで よくなるものを求められていらっいます。
   しかしよい よかったというものは多々あっても 決め手までとは いかないのが実態です。

 
 誇大な表現や広告に 迷われる方は 個々のものがなぜ癌によいのかを 
   説明します。  
  (ルミンAやアガリクス LEM はなびら茸 メシマコブ フコイダン
   プロポリス コウトウスギなどのこともご相談いただけます)
  その上で 効果的な組み合わせをご提案いたします。


癌のご相談で 以下のことを心がけております。


 不安なことは とことんお話を聞いて シンプルにわかりやすい表現で答える。
  例 実践免疫
 
  事実をごまかさずに 正しい知識をサポートする。
 
  特に 余命宣告を受けた患者様は 他の医師による セカンドオピニオンをお薦めいたします。
  
  必ずしも 専門医の必要はありません。
  
  本音のきける医師( 友人 親戚 縁者)に 医師本人や自分のご家族であったら 今の治療を
  
  続けるかどうかを 聞いてきいただきたいのです。)
 
  インターネットの世界では 学会等の専門ページはともかく 一般の方が 見られる(見やすい)ものは
 
  誇大広告のオンパレード (健康食品 サプリから 薬屋 医師まで)
 
  当方では できるだけ ご家族の方といっしょに説明させていただきます。
 
  (ご本人が お越しいただけない場合(入院中等)は ご家族数名でお越しください。
  
  詳細な説明を丁寧にいたします。



 病院の抗癌剤治療は 医師の間でも賛否がわかれます。
 漢方薬局といえども 抗癌剤のことを知るために

 
 大学・国立病院など基幹病院先生主体の抗癌剤研究会
   に参加しております。


一人でも多くの方に  「予想外の回復とか おどろく成果」
が起きますように日々 研鑽しております。

(予想外やおどろくは 偶然ではありません。代替医療の結果です)


 自然薬研究会 ホノミ漢方研究会  JCOE研究会 日本薬剤師会 癌薬物療法研究会 など


 実際多くの方が 抗がん剤併用治療になります。

抗がん剤治療に伴うダメージ リスク軽減茂大きな鍵です。
併用漢方相談も可能です。

店頭ご相談はご予約ください。

 086-222-8962
まず お電話ください。

時間

 
午前10:00〜12:00
午後12:00〜06:00 1:00

※日曜日と祝日は木曜日(研修日)は お休みです。
  ご相談予約
 
     TOP