いよい治療相談ができることを目指しております。


IgE抗体

情報の豊富な次代にはいって

 花粉症・アトピーなどの根本に IgE抗体   の過剰があることをご存知の患者さんが多くなってまいりました。 
抗体とは 本来 病原体に対して 適性適量が体内でできて  病原体をやっつけてくれればよいのですが、

過剰にできたり、病原体がいないのにできたり(病原体除去後もでき続ける)して 
アレルギー・自己免疫の原因になるのです。

IgE抗体  が多いと ヒスタミンやプロスタグランジン・ロイコトルエンという炎症物質  大量にでてきます。

対処療法 このヒスタミン  プロスタグランジンロイコトルエンを何とかしようと多くの薬が発売されています。

しかし 根本のIGEを除去する治療はほとんど行われていないのです。

 第一世代
抗ヒスタミン薬
 ポララミン、タベジール、レスタミン、ホモクロミン、ペリアクチン ゼスラン
(市販薬)
鼻炎カプセルなどほとんどの市販薬 パブロン鼻炎 コーワ鼻炎 など多数
 強い眠気、口の渇き
 第2世代
 
  (抗アレルギー薬
  といわれるが 
  実は眠気のこない
  抗ヒスタミン薬)
坑プロスタグランジン薬
坑ロイコトルエン薬

 
 アレジオン、アゼプチン、エバステル、タリオン、ジルテック、ゼスラン、アレロック
アレグラ、クラリチン

(市販薬)
ハイガード、アルガード シールド鼻炎内服
 


TVで 大宣伝の薬も治すのではなく 症状を抑える薬なんですね。

アレグラは 第一類医薬品(薬剤師管理販売 登録販売者は取り扱い不可)として発売されました。
2世代のなかでも 眠気が一番少ないことから 一般販売許可になったものと思われます。


ところで 大元の 抗体IgEを減らすこと・・・てできないの?

漢方治療や代替医療(だいたいいりょう)には 
 このIgEを減らす治療があります。

   注意 (勘違いしている薬剤師も多いのですが)
  漢方にも対処療法と根治療法があります。
 たとえば
 鼻水 咳に良く使う [小青竜湯]は 対処療法のウエイトが大きい処方です。
 
 皮膚炎に使う[消風散]もやはり 対処療法のウエイトが大きい処方です。   

  IgEを減らす  より適正な お薬の選薬のために 

 漢方と免疫の両方の知識が必要です。
 
 そもそも 正常な体では  抗体の生産は 病原体からスタートです。
 そこで TOLL理論と漢方の組み合わせで IgE削減を行います。

 
病院での 肝臓・赤血球・白血球などの血液検査数値がわかれば
 より方針を決めやすいです。
 (あらかじめご相談前に 病院の検査表を FAXいただけると幸いです。)

相談はご予約制です。

 086-222-8962
 津山漢方堂
       平日10:00〜19:00  土曜日10:00〜13:00
       定休日  
     日曜 木曜日  祝日 




     TOP

岡山市の漢方専門薬局
津山漢方堂


ご相談予約
お問合せ
お電話 086-222-8962