コタロー匙倶楽部は 高品質の原料 エキス濃度にこだわった製品です。

むくみの処方として 有名です。

漢方の痛みの原因は 気 血 水 そこで どの原因で起きた痛みを
考えることで 併用薬を使わなければいかなかったりもします。




効能効果
体力虚弱で 胃腸が弱いものの次の諸症状

腹部膨満感 むくみ

成分
本剤 3包(6.0g)中:
ビャクジュツ 2.4g、ソウジュツ 2.0g、ブクリョウ 2.4g、チンピ 2.0g、ニンジン 2.4g、オウゴン 1.6g、コウボク 1.6g、タクシャ 1.6g、バクモンドウ 1.6g
より抽出した水製エキス4.90gを含有しています。
添加物として含水二酸化ケイ素、ステアリン酸マグネシウムを含有しています。 
年齢・1回量・1日服用回数
大人(15歳以上) 1包または2.0g 3回
15歳未満7歳以上 2/3包または1.33g 3回
7歳未満4歳以上 1/2包または1.0g 3回
4歳未満2歳以上 1/3包または0.67g 3回
2歳未満 1/4包または0.5g 3回

※食前または食間に服用してください。
※食間とは、食後2~3時間を指します。
(大入り剤に添付のサジは、大が1.0g、小が0.1gの計量用となっております)

<用法・用量に関連する注意>
(1) 小児に服用させる場合には、保護者の指導監督のもとに服用させてください。
(2) 1歳未満の乳児には、医師の診療を受けさせることを優先し、止むを得ない場合にのみ服用させてください。



以下ご参考に(この品が 認可されたの効能効果ではありません)


古典では 補気健中湯は 重病で腹水が 溜まりだしたとき
腹水取りに使われてる。

● 補気建中湯は実証の時期(五苓散、柴苓湯、木防己湯などを使う)を過ぎ、
   慢性に経過した虚証や元気が衰えた方の浮腫(あるいは腹水)に用いる。

● 虚証の浮腫(あるいは腹水)で小建中湯、補気益気湯が適しているタイプでも、
   甘味剤でかえって浮腫が悪化する場合によい。

● 腹水を起こす疾患には、難治性の疾患(肝臓の疾患)やその末期に多いが、
   補気建中湯でそのような疾患が簡単に治るというものではなく、
  つらい腹水をとることで、患者の生活の質を高めることができる。

● 腹水を内服薬で改善することで、急激な体力低下を防止して、病気や闘う体力、
   気力をよみがえらせることが期待できる。


注意  腹水が たまりだした患者さんは 主治医の許可をとって 服用してください。
              

 トップへ