岡山最古の
漢方専門店


薬事表示


抗がん剤治療をするときに

<抗がん剤 @効率よく効かす A副作用軽減 考える>

ティーエスワン(TS-1) ドセタキセル(タキソテール) エンドキサン ジェムザール カンプト 5FU
パクリタキセル(タキソール) UFT ラニムスチン ナベルビン

などを使用時



↓↓↓
逆の発想 抗がん剤は  
細胞分裂速度の遅いがん細胞には 効きが悪い

ということになります。

↓↓↓

では 細胞分裂の遅いがん細胞の特徴の1つは     
低酸素状態


からだに 負担をかけながらする 抗がん剤治療ですから 



 よくある質問

@どのくらい期間 目安ですか?

A 抗がん剤は使用後3週間ほどはで 大きく副作用を起こすものもあります。
  使用の10日前から対策をはじめて 使用後 4週間できればよいと考えます。
  下図の「白血球減少」 参考

Aコストが きになります?

A 直接抗がん作用を期待するものではなく 体調を整えることが重視ですので
  1回 1.5〜2万円程度です。
  

Bきのこ系のサプリと 併用できますか?
A 大丈夫です。

C分子標的薬を使用している場合どうなりますか?
A 分子標的薬は がん細胞の遺伝子など 特別な特徴をみつけ 攻撃をかけるものです。
  個別にご相談ください。


  


総合的な観点からの漢方治療 店頭ご相談はご予約制です。

 086-222-8962
まず お電話ください。

時間

 
午前10:00〜12:00
午後12:00〜06:00 1:00

※日曜日と祝日は木曜日は お休みです。
  ご相談予約

岡山市の漢方専門薬局
津山漢方堂

  へ