糖尿病・・・・・

人類の歴史 約25万年以上 その間に体の中には 細菌 ウイルスとたたかう免疫細胞を 蓄えて生きてきました。




抗生物質が使われだしてたった70年ほどで 今みたいな超綺麗な社会になしました。 


長年で構築準備された免疫細胞は 戦う敵がいません、間違って見方の体を攻撃はじめました。自己免疫 アレルギー疾患です。

もうひとつ 環境の変化で大きくかわっているものがあります



人類は 飢餓の繰り返しで その環境に生き残ったものが 現在存在しております。とうぜん 豊食も 体内のシステムが エラーを起こしやすいのです。



そして この病気がふえてきました。

1型 2型やさらに




一言で 血糖値が 高いといってもその原因は いろいろです。





1 インシュリン不足





2 インシュリンの感受性不足



3 肝臓(備蓄と合成の場所)



4 脂肪細胞の取り込み



ややこしいので 医師の診断からでる薬で


状態を把握してみてくださおい。







代表的なもの



1 グリミクロン ダオニール アマリール ペンフィル(注射)など



2 アマリール など




3 メルビン メデットなど




4 アクトス 





ご相談のときは病院からの薬を  すべて教えてください。




 患者様ご自身の努力も必要な 病気です。





戻る