漢方専門店 

岡山最古の薬事表示


   津山漢方堂 VEGF 思考
   
VGEF=血管内皮細胞増殖因子は 
              これも自然治癒力の一因
  暴走をとめることでよい成果を

 

漢方薬でVEGFを抑制 癌 リウマチ 網膜症・ 加齢黄斑変性(AMD)・黄斑症 緑内障

漢方薬局らしからぬ VGEFなどという言葉を取り上げているページです。

  
  病気を良くする 予防医学には 必要なものです。
  
  
  このVGEFは もともと体内ある自然のものです。
 
  VGEFの働きは あるいみ自然がもたらした 自然治癒力の1つなのです!
  
  自然治癒力引きだす 東洋医学においては この暴走とめる漢方もあるのです。


VEGF抑制


 「VGEF」という言葉 を知っている方が どのくらいいらっしゃるのでしょう?
ようするに あたらしく血管をつくる物質なのですが、
血管ができると 血流が良くなって 良いことに思えますが、実は悪いことの方が多いのです。




できなくていい新生血管を抑制することで 成果が大きく変わるのです。


補足
ネット検索ワード 「新生血管」と 「癌 ・ リウマチ ・ 網膜症・ 加齢黄斑変性(AMD)・黄斑症 緑内障」 などで調べてみてください。

新生血管は
 癌の成長 転移を促進します。 
 リウマチの関節破壊を促進します。
 

 
網膜などスクリーンをガタガタにしてしまいます。
  
(まっすぐの滑らかなスクリーンには きれいな画像がうつりますが、
   ヒダのあるスクリーン(カーテンのような)になったら画像は歪んでしまいます。

 

 
 リウマチやがんなどに、「新生血管”と呼ばれる動脈と静脈が絡まった拍動するポンプ状の異常な血管ができます」

 この 新生血管のからの血流の増加が、病気を広げてしまうのです。

 <これは 眼科疾患 糖尿病網膜症 黄斑症にも言えます。新生血管がツルツルの網膜(スクリーン)表面を
  がたがたにしてしまうのです。>


病院でも VGEFを何とかしようと 
抗体医薬品(自然治癒力がもたらす抗体を体外で造り人工的に細工した薬)が登場しています。

抗がん剤(主に大腸がん)で がん細胞の新生血管を抑制するもの
アバスチン 
眼科で良く使われる 新生血管を抑制するもの
薬としてペガプタニブ(マクジェンR)とラニビズマブ(ルセンティスR

さて この新生血管の問題ですが、 
漢方薬やサメ系のサプリメントに VGEF抑制作用のものがあります。

人は血管とともに老いるといわれますが、 血管を大事にすること   無用な血管を造らせないことこれが健康維持や治療は必須です。

VEGFは そもそも体内にある必要な物質です。
普段は 血管の壁を栄養が通過させる仕事をすています。
しかし 血流 栄養の流通が悪くなると新し血管を作ろうとします。
血流や栄養の流通がよいと VGEFがいらない仕事をしないように つまり予防になるのです。



VGEF抑制の病院の注射薬  
抗がん剤(主に大腸がん)で がん細胞の新生血管を抑制するもの
アバスチン 
眼科で良く使われる 新生血管を抑制するもの
薬としてペガプタニブ(マクジェンR)とラニビズマブ(ルセンティスR



がんと血管新生 ココ   網膜の血管新生  


  がんと血管新生 ココ

  

マニアックちょっと難しい話


VEGF詳細思考
(マニアックな方用)

血管をあらたにつくる物質 VGEF 1980年後半に発見されてからその種類や詳細が
随分わかってきました。
VEGF種類があるのですが 必ずしも悪者でないところが 困り者です。

たとえば 胎盤形成には 必須は明らかです。 

重要なのは 血管の役割を考えたときです。
VEGFは 血管の透過性 つまり血管を流れてきた栄養が血管の壁を透過するのに必要なということです。

ちょいと正確性はかけるけどたとえ話
 
血管は 輸送するだけでなく 血管の壁を通過させて必要な場所に栄養を 
 (トラックが積荷を降ろすように)届けなければいけません。
 トラックから荷物を降ろすのに フォークリフトが必要としましょう。
 
 普段は フォークリフトは適正な場所に 荷物を降ろす仕事をしています。
 しかし 荷物を降ろす通路に障害が起きて 通れなくなるとどうでしょう。
 
 新しく通路をつくる(新生血管)工事用の機械に早代わりです。
 
 もともと急場作業でつくる通路ですから 新生血管は障害のもとになるのです。
 
   
 
動脈硬化
糖尿病など
酸素や栄養不足で変身 
(栄養を降ろすホークリフトが
 ショベルカーなって新たな
 道(血管)を作り出す。
 

 


血管をながれている栄養を 荷物に例えるなら 荷物は適正な場所で 下ろされなければいけません。

血管の壁から必要とされる所で出て行くのです。

血管の壁に開いた通路が 動脈硬化(糖尿 脂肪) 加齢で狭くなってきたらどうでしょう。
あたらしい 通路を作ろうは 自然の反応です。 
ここで VEGFの変身(いらないお世話)の登場です。

@癌においては この通路が 癌細胞に栄養供給し、転移通路にもなってしまいます。
  癌細胞自身が このVEGF因子をだします。

A急場工事の血管通路は 仕事が粗くガタガタです。
 そんため 目の網膜は 透明でないものが作られてしまいます。

BリウマチではVEGFの発現亢進が認められている。
 この詳細はまだ不明ですが VEGF抑制でリウマチがよくなるのは分っています。


通常 病院ではすることがない(抗体医薬品注射の他)のですが
予防と 対処方法を漢方や代替医療には あります。

総合的な観点からの漢方治療 店頭ご相談はご予約制です。

 086-222-8962
まず お電話ください。

時間

 
午前10:00〜12:00
午後12:00〜06:00 1:00

※日曜日と祝日は木曜日は お休みです。
  ご相談予約

岡山市の漢方専門薬局
津山漢方堂

  へ