薬草・生薬について
津山漢方堂
 



薬草は 漢方処方に頻繁に使われるものから 口コミ 古来からの言い伝え 

地方地方で伝承されたものまで幅広くございます。



牛蒡子(ゴボウシ)

乳腺
ゴボウの種は牛蒡子(ごぼうし)といいます。 

あの野菜のごぼうの、タネです。
そのごぼうの種子を、漢方では「牛蒡子(ごぼうし」と言います。

牛蒡子は解毒の民間薬として感染症や慢性皮膚炎に活用されています。
その成分には消炎、解毒、排膿などの作用があります。
解熱、解毒などの作用があるので、風邪くすりや
皮膚病のくすりなどの多くの漢方薬に使われています。

乳腺炎や産後のお乳の出を良くすることにも使われます。



時価

500g
時価です。
だいたい¥1,600〜¥2,000
ぐらいです。


   薬草は果物や 野菜同様  品質・産地(日本産 中国産) などで    価格が 大きく変わるため ご了承 いただける方のみ通販をさせていただきます。


ゴボウシ

たんぽぽの根皮

ハブ茶(ケツメイシ)    タラの木    ナタマメ

どくだみ (十薬) ナツメ 酸棗仁 
薬草トップ

トップへ