葉緑素(クロロフィル)と血液

循環がよいこそ

 (低体温 冷え性 ストレス過多は 免疫にもよくない)


からだに 酸素を運んでくれるのは 赤い血 赤血球のヘモグロビンです。

酸素がないと 細胞は生きていけません(がん細胞除く)



酸素 栄養が がないと 免疫細胞は 戦えないのです。
そこで 良質な赤血球造りには  葉緑素を摂取が 第一です。
 
なぜ?


私たち動物の体内を流れる血液。
酸素や栄養を運ぶと同時に、不要物を運び出す
役目を担っています。
?植物にもよく似た働きをもつ物質が存在します。そう、葉緑素です。
光合成により二酸化炭素を吸収し酸素を放出します。
?血液と葉緑素。
別物のようですが、化学式でみれば違いはごくごくわずかです。




その答えは、
36億年前の地球上にありました。

原始の地球上に生まれ、生命誕生のきっかけを
つくりました。動物には血液を、植物には葉緑素を与えたのです。


 現在 人工的につくれるのは ヘモグロビンのや 葉緑素の原料 ALAまで”


よい赤血球をつくるには 良質の葉緑素摂取が 必要なんです。


血液以外にも循環はあります。
ご興味のある方は 
ココを

良質葉緑素と免疫枯渇しないための栄養摂取相談は


文献リンク
ネットでみつけた 葉緑素と赤血球のお話リンク

人間の血液と植物の血液
?

近代栄養学の根本的な見直しが必要

ポルフィリンの周囲の環境制御


低酸素とガン