本文へスキップ

最新白血病治療と漢方薬

       最新白血病治療と漢方薬


 
 白血病には 種類があります。
 病院の先生は 病態・病理から 分類し 
 治療法を決めるのですが、
 漢方薬剤師の側から見ると 
 この薬(抗がん剤)を使うのだから 
 耐性と副作用など考慮し
 免疫を向上を図ればよいと考えました。

 漢方薬には たくさんのこの可能性が
 あります。

 グリベック スプリセルなどは チロシン
 キナーゼ阻害薬になります。
 この種の薬を 使う白血病に 当薬局で 
 漢方を併用したよい症例があります。

 解説ページ
ココ
「フィラデルフィア染色体陽性の
    急性リンパ性白血病」、
慢性骨髄性白血病」 、
「慢性好酸球性白血病」


詳細 PCページ

 近年 不治の病と言われていた白血病も 現在では 

 治療方の進歩により 完治することも可能性のある

 病気になってきました。 (種類によりく変わりますが・・・)

しかし 5年生存率はまだ 5割を程度です。
最新の分子標的薬を いつまで続けれるかが
生存を高める要因です。

 フィラデルフィア染色体陰性では 
古典的抗がん剤治療が行われます。
古典的とは 
シタラビン メソトレキセート
などを使用する
細胞分裂速い細胞を 攻撃する抗ガン剤です。
髪の毛 口内~腸粘膜 骨髄 爪など
体内で分裂の速い細胞に副作用が出ます。
 
   詳細は ココから



グリベック    (イマチニブ) 
タシグナ     (ニロチニブ) 
スプリセル   (ダサニチブ)
ボシュリフ    (ボスニチブ)
アイクルシグ  (ポナチ二ブ)

これらが 発生源を攻撃するのではなく
発生源から 分裂増殖する(子 孫)癌細胞
を 抑えてます。

薬の効きが 落ちてきたたり 副作用で継続が
難しくなってきたとき 深刻な事態が 起きます。

 4年前 当方の親類縁者にALLが発生。 
 (フィラデルフィア染色体陽性ー悪性)

漢方と分子標的薬のハイブリッド療法を

思考研究いたしまし良い結果を得ています。た。
   分子標的薬と漢方薬を飲み続け 3年生存率
   20~30%を克服し 健在で


抗がん剤の作用 問題点を熟慮して副作用ケアをすれば 寛解が続けられる。

<薬が 耐性できかなくなったり 副作用で飲めなくなった時が 危険になる>
 薬が飲めない=刻な事態になります。(定説) 
 漢方や代替医療で 上記を回避する。




 
殺細胞系薬   分子標的薬


「フィラデルフィア染色体陽性の
    急性リンパ性白血病」、
慢性骨髄性白血病」 、
「慢性好酸球性白血病」
の抗がん剤は 

古典的 殺細胞系抗がん剤
(細胞分裂の速いものを攻撃)
  シタラビンなど
 地固め療法
 メトトレキサート
 
 抗がん性抗生物質(アントラサイクリン系


分子標的薬
チロシンキナーゼという酵素を阻害して増殖を抑える。
グリベック    (イマチニブ) 
タシグナ     (ニロチニブ) 
スプリセル   (ダサニチブ)
ボシュリフ    (ボスニチブ)
アイクルシグ  (ポナチ二ブ)

が 組み合わせて使われます。

 <抗がん剤の組み合わせは難しく 
  ガイドラインはあるもの血液内科医の
  経験  裁量は 素晴らしいものです>

 
さて 上記の抗がん剤 
それなりに かなりの副作用があります。
殺細胞系
通常の抗がん剤は 細胞分裂の速いものを殺傷する
 ようにできています。
 そのため 髪 爪 消化器官(胃腸) 口腔粘膜 
 そして 免疫の戦士や血液を造る 骨髄を障害します。

 もちろん 通常の抗がん剤の
副作用を軽減する漢方薬
 
効果を上げるための漢方薬はあります。 
------------------------------------
分子標的薬
チロシンキナーゼという酵素を阻害して増殖を抑える。
グリベック    (イマチニブ) 
タシグナ     (ニロチニブ) 
スプリセル   (ダサニチブ)
ボシュリフ    (ボスニチブ)
アイクルシグ  (ポナチ二ブ)



 

 寛解後 一生飲み続けることが多い
 それなりに副作用の軽減に 漢方薬が
 お役に立ちます。
これらの分子標的薬は
チロシンキナーゼ阻害薬といわるます。
チロシンキナーゼは生命維持に重要な酵素で がんの増殖にも関係します。
多くの種類があり 多くの臓器に存在します。

ここを 抑制するため いろいろな
副作用に悩まされます。


 

 詳細 PCページ
 急性リンパ性白血
  解説ページ
ココ

薬局では
漢方薬を組み合わせ 分子標的薬の副作用等の欠点を補う ハイブリッド漢方を
ご提案をしています。

ご相談はまずは お電話ください。
検査値 お薬手帳など
御用いしていただければより詳しくできます。

 お電話 086-222-8962


時間外080-5234-1147

最新白血病治療と漢方薬のホームページへようこそ。

ご相談は まずお電話で
 086-222-8962